消化管内視鏡検査
 
  胃がん検診   大腸がん検診

   胃癌や大腸癌の早期発見には内視鏡検査は大切な検査です。
   本来は定期的な検査をお受けになられるのが望ましいことですが、
   これまで「内視鏡検査はしんどい、二度と受けたくない」等の悪いイメージ
   をお持ちで敬遠される方が多いのも現状かと思います。
   電子内視鏡検査では、消化管内部(胃・十二指腸・大腸など)を直接観察
   することができますので、小さな病変、早期癌も発見できできます。
   
   当院では「苦痛の少ない」
内視鏡検査を行うためにご希望により
   鎮静剤を使用した苦痛の少なく安心して受けられる内視鏡検査を行って
   おります。

   ご予約はお電話でも受け付けております。ぜひ一度ご相談下さい。

 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

   胃カメラの場合、体内に内視鏡が入っている時間は10分程度です。
   鎮静剤注射などの前処置時間も含めて検査に要する時間は20〜30分
   程度となっています。
   
   上部消化管内視鏡検査は朝から何も食べないでお越しいただければ
   予約なしの方の検査も受け付けてはおりますが、予約されますと待ち
   時間が少なく検査できます。

   鎮静剤注射を行って検査をお受けになられた際にはしばらく休んで
   お帰りいただくことになります。( 1〜2時間程度)
   

上部消化管内視鏡検査         

      大腸内視鏡検査をお受けになられる方は予約が必要です。
   前日夜、下剤を飲んでいただき、当日朝来院後大腸洗浄剤を飲ん
   でいただきます。
   大腸がきれいになるまで2〜3時間かかることもあります。
   大腸検査も眠っている間に検査できますので、苦痛がありません。

   全大腸内視鏡検査は15分から20分程度で終了しますが終了後
    しばらく休んでお帰りいただきます。
   

   mf2.jpg (15181 バイト)  

(電子内視鏡装置と内視鏡洗浄機)              (上部消化管内視鏡検査)



内視鏡画像管理ソフト画像

検査終了後、診察室で画面をご覧なりながら検査結果の説明をさせて
いただきます。


      (実際の画面のため表示解像度を下げています。)
                               ページTOPへ